読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある高専生のブログ

高専生が思ったことを書きます

高専ってなに?高校とは違うの?

  どうも。gorgonzolaxです。

  突然ですが、あなたは高専を知ってますか?

  以下は友人と友人に学校を聞かれた高専生の一般的な会話です。

 

友人「おまえ学校どこいってんの?」

高専生「高専

友人「え、なにそれ?」

高専生「・・・。」

友人「・・・。」

 

  このように高専は(高専生のコミュ力の低さも相まって)あまり認知されていないのです。今回はそんな高専について宣伝がてら話します。

 

高専ってなに?

 高専とは、高等専門学校の略称で、高等教育機関のひとつです。国立高専機構によれば、

時代にふさわしい、実践的技術者を養成する高等教育機関

f:id:gorgonzolax:20170203090404j:image

http://www.kosen-k.go.jp/hj_1-12tokushoku.html

だそうです。工業系の学校で、僕的には工業高校と大学の工学部を足して2で割らない感じです。

  上の画像のように、高専は五年制の学校で、高校+短大と同じ期間です。五年間をかけて工学の専門的な知識、技術を学び企業で即戦力となるように養成されます。

 

  まぁ、詳細が気になったならググってください。

 

  それでは高専生の視点から、高専のメリット、デメリットを書きます。

 

メリット

  • 大学受験がない

  これを初めに書くのはどうかと思いますが、多くの高専生にとってセンター試験を受けなくていいことは、高専に在学する最大の理由と言っても過言ではないです。また、進学したい人は高専卒業後に大学三年や高専専攻科へ編入する事もできます。

  •  就職率が高い

  工業系は常に供給不足なので、高専には多くの求人が来ます。僕の高専では毎年就職希望者数を求人数が上回っています。

 

デメリット

  • 入学して後悔する人が多い

  あくまでも工業系の学校なので、ただ上に書いたメリットだけを目当てに入学した人は確実に後悔します。

  • 赤点が高い

  高専の赤点は60点です。そのためテストには基礎的な問題が多く出ますが、勉強しないとすぐに欠点です。そして・・・

  • 留年しやすい

  毎年誰かが留年します。しかし上の学年から落ちてくるので、クラスの人数は変わりません。

  • 女子が少ない

  これは年頃の男子には死活問題です。これによって男子高専生は高専病とよばれる病気を発症し、二次元に逃避したり、男に目覚めたりします。

 

  ここまででおわかりいただけたかと思いますが、高専はかなり特殊な学校です。そしてそんなところに入学する学生も変わった人が多いです。 もしあなたが高専生と知り合ったら、いろいろ聞いてみると面白いかもしれません。

 

 それでは。